東京の医学部予備校で合格を勝ち取りました

第一志望に合格することができました

唯一、外で勉強に関することをしたのは模擬試験を受けた時です。
模擬試験は、別料金を支払わずとも、セットで受講できるようになっています。
1年間12回模擬試験のを受けるチケットがあり、それを使って試験を受けていきます。
結果的に私はすべて模擬試験を受けましたが、最後の方にたくさん模擬試験を詰め込んだため、かなり息切れした状態でした。
その時に初めて、とにかくたくさん受ければよいわけではないことを知ることになります。
ただ、客観的に自分の実力を見ることができるため、その点は非常に学びが多かったと思っています。
模擬試験を受けると、結果に一喜一憂してしまいますので、私はできるだけカウンセラーの方に話しをするようにしていました。
勉強しかできない環境は、集中して勉強するときに大きなメリットがありますが、逆に勉強しにくい気分のときは非常にいづらい場所です。
私の場合は夏休みの間一時的にやる気がなくなることがありました。
大学に受かった同級生たちは羽を伸ばして遊んでいるのに、なぜ自分は遊ぶことができないのだろうといった劣等感によるものでした。
ですがその時でも助けになったのはカウンセラーと私の友人たちです。
私がそこから数週間で立ち直ったのも友人たちのおかげといえるでしょう。
結果的に第一志望に合格することができました。

東京にはたくさんの予備校が東京の全寮制の予備校に第一志望に合格することができました